*初心者向けガイド [#ge56ecda]
#contents

**Float fishing [#lf2165a4]
-浮き釣りの基本的なことは[[こちらの公式ユーザーガイド>公式ユーザーガイドの解説/釣りのタイプ・Float fishing]]をご覧ください。
-まず[[The Cottage Pond]]で詰み防止用の竹竿を回収しよう。これは初期タックルが壊れていなくても回収することができる。初期タックルと竹竿で竿2本体制を作ることができ、効率を上げることができる。
竹竿と一緒に貰える浮きを見辛いと感じる場合は普通の浮きを購入して取り付けよう。
-餌は最初は安いミミズや自作の丸めたパンがいいだろう。maggotだと若干大きな魚も来るようになる。キャベツの葉やコーンはたまに大きいのが来るので初期タックルでは危ない。
-少しお金が貯まったら、太いライン(初期竿だと最大8ポンド程度?)を買いミディアムサイズのフックを買って釣る魚のサイズを上げてもいい。
(初期竿だと1kg程度の魚が釣れれば御の字です。1.5~2kgの魚は運が絡む)
-浮き釣り竿3本体制は当たりを全て取るのが現実的ではないことと、Bottom fishingスキルのロケットフィーダーが遠距離での浮き釣りの補助として使えることを考えると、
3本の内1本はBottomタックルにしてBottom fishingスキルを上げておいてもいいかもしれない(と言っても相当先のスキルだが)


**Spin fishing [#f6ac29c0]
-ルアー(疑似餌)を用いた釣り。基本的なことは[[こちらの公式ユーザーガイド>公式ユーザーガイドの解説/釣りのタイプ・Spin fishing]]をご覧ください。
-序盤では主にperchやchubやpikeがターゲットとなる。
-このゲームのルアーフィッシングは''フッキング・合わせの「動作」は不要''。ルアーにアタックしてきた魚はやる気スイッチが入ってるのでしっかりとルアーに食らいつき、''常に向こう合わせになる''。と公式ユーザーガイドに書いてある
-歯でラインを切ってくるpikeを序盤から相手にしないといけないので他の釣りに比べて難易度が高くお金もかかりやすい。
公式では「ワイヤーリーダーの使用は極力避けるべき」とされているが、Spin fishingではどうしてもpikeが釣れやすいためルアーのロストが痛い序盤は[[ワイヤーリーダー>Leaders]]を使用した方が良いように感じる。
-Spin fishingに対応するサブスキルがMaking lures(ルアークラフト)であるが他の釣りに対応するサブスキル(餌や撒き餌の作成)に比べて信じられないレベルでお金と手間がかかる。
仮にSpin fishingをメインとしてやっていくにしてもMaking luresには手を出さないことを推奨するレベルである。
どうしてもMaking luresを成長させたい場合は潤沢なシルバーの獲得手段を得てからにするor課金コインを用意すること。


**Bottom fishing [#n5e56591]
-ボトムフィッシングの基本的なことは[[こちらの公式ユーザーガイド>公式ユーザーガイドの解説/釣りのタイプ・Bottom fishing]]をご覧ください。
-ボトムフィッシングタックルが3セット揃ってからが本番。それまでは初期の浮き釣りタックルや竹竿などでお茶を濁そう。
-序盤はエナジーを使うような大きな魚と対峙することはないので竿を置いて暇な状態はスコップを使って餌を探すのも良い。
Bottomタックル2本を置いて残り1本をFloatやSpin fishingにするというのも有りだと思う。

**その他 [#a73aad8d]
-根がかり(snag)やスタック(木などに引っかかる)したときの対処法
蓮や草木、水中の何かに仕掛けが根がかりしてしまった場合、画面右下に&color(Red){「Snagged!」};と表示される。
この場合、「RMB」(右マウスボタン)で竿を大きく動かし根がかりを外すアクションを実行することができる。
1回のアクションで外すことができなくても粘って何回もアクションすれば大抵外すことできる。
(根がかりを外すアクションが成功すると「Freed from snag」と表示される)
このときドラグ(Friction brake)を締めすぎているとラインが切れるなどタックルにダメージを与えることがあるので、最初はドラグを緩めておこう。
アクションするたびにドラグが機能してラインが出るのでリールを少し巻いてラインを張ろう。
どうしても根がかりが外れない場合は「X」キー長押しでラインを切ることができる。
また、突然リールが巻けなくなり、「RMB」を押しても反応しなくなった場合は木などに仕掛けがスタックしている。
この場合釣り場をよく見て何に仕掛けが引っかかているかを把握し、
引っかかっている場所を回り込むように移動することでリールが巻けるようになり、スタック状態を解消できる。
-''リールを使った釣りの場合、魚が引いているときにリールを巻き続けないこと。リールのメカニズム(ギア・歯車)が大きく消耗し、やりすぎるとメカニズムが壊れてリールが使用不可になります。このような重大な破損は修理することができません。''
魚が引いてないときにリールを巻きましょう。ただしリール等のパワーが大きく魚に勝っている場合(テンションがほとんどかかっていない場合)は強引に巻き上げてしまっても構いません。リールのパワーが足りず魚が引いてない状態でも巻き寄せられない場合はポンピングをします。魚が引いてないときに竿を立てて魚を寄せて(このときリールは巻かない)、ある程度まで立てたらラインが緩まないようにリールを巻きながら竿を戻す、を繰り返します。これがポンピングです。
(リアルの現在の釣りにおいては道具の耐久性が進化したことによりポンピングは古いとも言われていますが、このゲームにおいては道具の消耗が露骨なため非常に重要です)

-''大きな魚とのファイトではプレイヤー自身が移動することが重要になることもある。''
このときタックルに大きな負担をかけることがあるのでドラグは緩めにしておいた方がいいかもしれない。テンションのコントロールには細心の注意を払おう。
ボートに乗っていて停止している場合、持っている竿がSpin fishingのロッドであればトローリング用ホルダーに設置できるので一旦ホルダーに置き、
エンジン点火+トローリングモードにして竿を持ち直してテンションコントロールしながら移動キーでボートを操作、という方法で接近することができる。
竿を置く、持ち上げる動作のときの挙動が怪しい(竿がグニャグニャに曲がることがある)のでテンションに余裕がありそうならドラグを緩めておいた方が良いかもしれない。

-''現在このゲームには魚とのファイト中の根ズレ(ラインを岩や木などに擦ること)は存在しない''
桟橋とかも余裕で貫通して越えていく

-''魚とのファイト中に根がかり(snag)になることはある''

-&color(Red){Grocery Shop(食料品店)の''食品はGroundbaitの素材にはならない''};''(Groundbaitの素材はTackle storeのGroundbaitタブで購入する)''
&size(10){Sunflower Oilのように餌の素材として使うものとGroundbaitの素材として使うものと2種類存在するものがあり非常に紛らわしい};
-%%Grocery Shop(食料品店)の''食品はGroundbaitの素材にはならない''%%
Groundbaitの素材は''基本的に''Tackle storeのGroundbaitタブで購入するが、
''&color(Red){アップデートにより一部の食材もGroundbaitの素材として使用できるようになった。};''
ただし依然としてSunflower Oilのように餌の素材として使うものとGroundbaitの素材として使うものと2種類存在するものもあり非常に紛らわしい

-''立っている場所に十分なスペースがあれば「0」キー(テンキーの0も可)で竿を地面に設置することができる(最大3本)。''
Float fishingやBottom fishingのように常に仕掛けを動かす必要がない釣りのタックルを余分に持っている場合はこれを積極的に利用して魚を釣る効率を上げよう。
特にBottom fishingのタックルは地面に設置すると竿先に鈴が付けられるため、魚が掛かったときは鈴が鳴って知らせてくれる。
(風などの要因で鈴が鳴ることもあるため注意)

-ボートのレンタルについて
ボートステーションがある釣り場ではレンタルチケットを購入することでボートをレンタルすることができる。
&color(Red){''ボートに乗っている状態でレンタル期限が来ると状態に関わらず(魚とファイト中でも)ボートから降ろされ、その釣り場の開始地点にワープする。''};
[[実例動画>https://www.youtube.com/watch?v=jcRY59VHNnY&feature=youtu.be]]
''レンタルチケットの残り時間はゲーム内時間であり、ログアウト中は進行しない''ためボートからの釣りがメインになる場合はレンタル期間に余裕を持たせておこう。
レンタルチケットをストックしておけば、ボートに乗っている状態で現在使用中のレンタルチケットの期限が切れると、ストックしていたチケットが自動でアクティブになり、ボートに乗り続けることができる。

-''魚とのファイト中でも飲食することができる''
ファイト中でも「T」キーのショートカット(素早くアイテムメニューから選択して使用も不可能ではない)で飲食することができる。
エナジーが減っていても摂取した物によってはある程度回復するので上手く利用しよう。
(Alcoholなどで快適さを最大まで上げると回復量>消費量になりやすい)
また、Alcoholを摂取して酔うことによる経験値ボーナスも同様に適用される。(酔うとキャスト精度の低下や操作が不安定になるなどのデメリットがあるらしい)
釣り上げる直前に魚が大物であることを確認したらAlcoholを何回か飲んでボーナスを得る、ということもできる。
(酒の種類によるかもしれないが、安い酒だと一口につきexp約3%上昇ボーナス)


----
#pcomment