*公式ユーザーガイドの解説 [#t942ff1d]
ここでは[[公式ユーザーガイド>https://rf4game.com/userguide/]]を解説を交えて日本語訳します
かなり長いのでページを分割しています

[[このゲームについて・画面の説明>公式ユーザーガイドの解説]]
釣りのタイプ ←今ここ

*公式ユーザーガイドの解説/釣りのタイプ [#v6f1c9bf]

#contents

**Fishing with float tackle(浮き釣りタックルでの釣り) [#y8b4da31]
浮き釣りはロシアの釣り人の中で最も有名で人気があります。ゲームでは、振出式(伸縮式)の浮き釣り竿が釣りを始める初期装備として用意されています。
以下に、すべての浮き釣り竿のタイプと浮き釣りタックルでの釣りのプロセスの詳細な説明を記します。

**Float rod types(浮き釣り竿のタイプ) [#p32f5178]
このゲームには3種類の浮き釣り竿があります

***Telescopic rod [#x5c5ad47]
シンプルなテレスコピックロッド(伸縮式の竿、日本では振出竿とも呼ばれる)はラインガイドとリールがありません。竿の穂先に直接ラインを取り付け、浮き・餌を付けます。それは簡単で手軽です。
Telescopic rodは中程度までの大きさの魚を止水域または弱い流水域で釣るために設計されています。このタイプのロッドはリールを使わない(ラインを出すことができない)ため、大きな魚を掛けると危険です。
魚が強く抵抗すると、プレイヤーが取れる動きが制限されます。
Telescopic rodで釣るには、仕掛けの深さを調節し、投げて、フッキングして抜き上げます。

***Bolognese rod [#lc91be7b]
Bolognese rod(ボロネーゼロッドもしくはボローニャロッド)はラインガイドとリールシートの付いた振出竿です。
Bolognese rodは中距離から長距離に浮きをキャストできるだけでなく、流れの中を巻くこともできます。
Bolognese rodはシンプルなTelescopic rodの代用品とみなすことができます。Telescopic rodを上回るその独特な利点は、プレイヤーが大きな魚をより自信を持って取り込むことを可能にするリールの存在です。
欠点として、魚に針を掛けた状態を保つのにラインテンションにさらなる注意を必要とするので、Telescopic rodと比べてより複雑なところがあります。

***Match rod [#g75ad718]
Match rodは主にwaggler付きの仕掛けを使用して大きな魚を釣るために使用されます。wagglerとは、遠投のために設計された特別な重い浮きです。
非常に堅牢で強力な構造であるMatch rodは、grass carp、black carp、bighead carpの釣りに最適な道具です。
また、生きた魚を餌とする仕掛けで利用したり、sbirolinoリグにも利用されたりします。

**Fishing(釣る) [#k6bfa291]
浮き釣りタックルで釣るプロセスには、別に説明するsbirolinoリグを除いて、ロッドまたはリグのタイプに適用可能な以下のステップが含まれます。

***Step1:浮き下の長さの調整 [#t7e2c56b]
&attachref(RF4浮き下とは.jpg);
浮き下の長さは、餌がどのくらいの水深に行くかを定義します。各魚は餌の深さとタイプに関して独自の好みを持っているので、餌の深さは重要な値になります。
ある魚は底で餌を食べ、ある魚は水面近くで餌を食べ、また真ん中の水深で餌を食べることを好む魚もいます。最大の釣果を得るためには、これらの特性を考慮する必要があります。
crucian carp、common roach、breamのような最も一般的な魚種は、通常は底で餌を食べます。従って、最初に学ぶべきことは、餌が底に配置されるようにする正しい方法です。
浮き下の長さを調整して餌が底スレスレになるようにするか、または底にぴったり置くようにします。
このとき浮きが直立姿勢であることはとても重要です。そうでなければ、魚のバイト(食いつき)を感知することができないかもしれません。

slider float rig(遊動浮き仕掛け)やwagglerを使ったリグでは、浮きがラインに沿って自由に動くため、浮き下は餌がどれだけ深く下降するかを定義します。つまり釣り場の水深が設定した浮き下の長さを超えない限り常に餌は底に運ばれます。

***Step2:キャスティング [#c31d6e0b]