Lines

釣り糸・ライン
★が多いものほど同じ強度でもより線径が細い
すなわちリールにより多くのラインを巻くことができる
また魚に見破られにくく、抵抗が少ないため飛距離が伸びやすいなどの効果もありそう
おそらくラインの寿命もより長いのではないかと思われる
ラインの種類はキャスティングの飛距離に影響を及ぼすようである
公式で明言はされていないが実際の釣りだと
Braided(極めて細いためガイドの抵抗が少ない)が最も飛距離が出て、次点がNylon(柔らかくしなやか)、次にFluro(重くて硬いため抵抗大)になると思う。

Nylon monofilament

ナイロンライン
Float fishingやBottom fishingは基本的にこれがオススメ
繊細なSpin fishingにも利用されることがある
安価・比較的水中で見えにくい・伸びやすい  という特徴がある
また、吸水することによって劣化するため他のラインより寿命が短い
伸びやすいのでpikeやzanderのような硬い皮を持つ魚にはフッキングが決まりにくいと公式ユーザーガイドに書いている(まあBraidedでも決まらないときは決まらないが)
実際の釣りでは伸びやすいがために遠距離でのフッキングが決まりにくいと言われている(魚に力が加わる前にラインが伸びる)
また水よりも軽いため水面に浮くがこのゲームではどこまでその影響を採用しているかは不明

Flurocarbon line

フロロカーボンライン
高価・伸びにくく硬い・水中で最も見えにくい  という特徴がある
Russian Fishing 4では極めて高価に設定されている
もう1つのデメリットとして他のラインでは提供されているような20kg以上の対大物用の高強度モデルが存在しない
全タイプの釣りにオススメと公式ユーザーガイドに書かれているがとんでもなく高いためほとんどの人が使っていないと思われる
水中での視認性が0であるためasp,bream,chub,salmon,troutのような警戒心の高い魚にも有効
また耐損傷性が高いためワイヤーリーダー無しでも鋭利な歯を持つ捕食魚を釣ることもできる
(警戒心の高い魚を狙っているけどpikeなどがアタックしてくる場所であるなどの状況で有効なのだろう。鋭利な歯を持つ魚のみを狙う場合はきちんとワイヤーリーダーつけましょう)
水よりも重いため沈ませやすい。公式ユーザーガイドではトローリングにおいてより深いレンジを攻めたい場合に有効と書かれている

Braided line

日本ではPEラインと呼ばれている複数の繊維を編み込んで1本のラインにしたもの
非常に強度が高い・とても目立つ・他種の同じ強度のラインと比較して極めて細い  という特徴がある
リアルでは最も高価なラインだがこのゲームでは扱いやすい価格である
Spin fishingに最適なラインである
伸びないのでフッキング時に針先にしっかり力がかかり、pikeやzanderのような硬い皮を持つ魚でもフッキングが決まりやすい
(このゲームのSpin fishingはフッキング・合わせの「動作」は不要。ルアーにアタックしてきた魚はやる気スイッチが入ってるのでしっかりとルアーに食らいつき、常に向こう合わせになる。と公式ユーザーガイドに書いてある)
あまりにも目立つためFloat fishingやBottom fishingには適さないとされている
ちなみにpikeやcatfishは「無礼で不注意な魚」と公式ユーザーガイドに明言されており目立つラインでも問題なさそうである