公式ユーザーガイドの解説

ここでは公式ユーザーガイド[外部リンク]を解説を交えて日本語訳します
かなり長いのでページを分割しています

公式ユーザーガイドの解説/釣りのタイプ・Spin fishing

Spin fishing(ルアーフィッシング)

Spin fishingタックルは主に捕食魚を釣るのに使用されます。
Spin fishingは非常にダイナミックかつエキサイティングで、(最終的には)平均で数十種類または数百種類のアクセサリーとルアーを用意するため、多くのお金が必要です。
しかし、大型の捕食魚と戦うSpin fishingの楽しさは、そのコストを上回ります。

これから、全てのタイプのSpin fishing用ロッドについて説明します。

Types of spinning rods(ルアーフィッシング用ロッドのタイプ)

このゲームには3種類のSpin fishing用ロッドがあります。

Regular spinning rod

通常のspinning rod(スピニングロッド)はSpin fishingの初心者のほとんどを満足させる古典的なタックルです。
jerkbaitを除いた捕食魚を釣るためのすべての種類のリグを、通常のspinning rodで使用することができます。

Casting rod

casting rod(ベイトキャスティングロッド)とspinning rodの間には、ラインガイドの特別な構成を除いてbaitcasting reel(ベイトキャスティングリール)を使用するための一見した違いはほとんどありません。
casting rodは、baitcasting reelまたは"マルチハンドル"リールのみを装備することができます。(ここのbaitcasting reelはロープロファイルベイトリール=コンパクトなベイトリールを指してます)
このマルチハンドルリールは、ウインチを連想させる古典的なデザインに基づいています。(要するに丸型のベイトキャスティングリール)
これらのリールは通常、一般的なスピニングリールよりも強力で堅牢です。さらに、それらは優れたキャスティング距離を出すことができます。
(リアルだと構造上スピニングリールの方が飛距離を出せますがこのゲームではベイトキャスティングリールの方が飛距離が出るように設定されているようです)
casting rodは、長距離のキャスティングと大型の捕食魚と戦うための強力なタックルを求めているプロフェッショナルな方に最適です。

Jerkbait rod

jerkbait rod(ジャークベイトロッド)はjerkbaitと釣り合うように設計されたcasting rodのヘビーバージョンです。
jerkbaitは、pikeやtrophyサイズのperchのような大型の捕食魚を釣るための大きなルアーです(大型のスイムベイトやシンキングペンシル的な物のようです)。
その重さ、さらにそれを食ってくる魚とのやり取りに耐えるためには非常に強力なタックルが必要です。
他の部分においては、jerkbait rodと通常のcasting rodとの間に差はありません。

Fishing(釣る)

静かで穏やかなFloat、Bottom fishingと異なるSpin fishingでは、プレイヤーによる動的なアクションを必要とします。
つまり釣り場を絶えず移動し、捕食魚が餌を食べているエリアを探す必要があるということです。
Spin fishing用ロッドのタイプに関わらず、釣りのプロセスは有望な場所を探し、ルアーを投げ、それを巻く、の3ステップで成り立っています。
より良い釣果を得るために、同じ場所に長時間滞在しないでください。釣り場を探索し、捕食魚が見つかる可能性が最も高いスポットを調べましょう。
どこかでバイトがあったら、慎重にその場所についてチェックし勉強してください。
(バイトがあったときの時間帯、天候や温度、深さ、ルアーのタイプやアクションを覚えていきましょう)
調べたスポットが増えていくほど、あなたは釣り場についての知識と捕食魚がそこでとる行動についての知識が増えていくでしょう。

Step1:Choosing the place(場所を選ぶ)

捕食魚を釣る場所を選ぶための普遍的な教科書という物はありません。経験を積むことで、そのような場所を簡単に見つけることを学んでください。
そういった場所は全て、捕食魚の種類と各釣り場の特質に依存しています。
それでも最初は、(魚の寝床となる)水草のベッド、岩、葦、沈んだ立木などの際(キワ、直接ぶち込むと根がかり回避能力のないリグだと根がかりしますよ)を考えることをお勧めします。
そのような場所はすぐに視認でき、それを発見するための特別な訓練を必要としません。
zander、catfish、perchのような底に近いところに住む捕食魚を探すには、釣り場についてのさらなる知識が必要です。
そういった魚を釣るためには、水中のスロープ、穴、その他水底の変化を精査する必要があります。
水中の草やその他の物の中を攻めたいときは、できるだけその近くにルアーを投げてみてください。

Step2:Casting the bait(ルアーを投げる)

キャストする(投げる)前に、適切な場所に移動し、マウスを使って投げたいところへ視線を向けてください。
準備が整ったらキャスティングボタン「LMB」(左マウスボタン)を押し続けてキャストする力を溜めます。
「LMB」を離せばそのとき表示されていた力でキャストすることができます。即座に強いパワーでキャストしたいときは、「Shift」を押し続けます。
風向きと風速に気を付けてください。強い風はキャストして飛んでいる仕掛けに大きな影響を及ぼし、減速したり、加速したり、曲がっていったりすることがあります。
特に、wobblerやpopperのような軽いルアーは大きな影響を受けます。
(7gくらいの軽いルアーを風速8m/sの向かい風で投げたら後ろに飛んで行ったことがあるよ (^-^

Step3:Retrieving the bait(ルアーを動かす)

リールのハンドルを回してルアーを動かします。ルアーは動くことで初めてアピールするので動かなければなりません。
(stop&goなど動きの中や着水後などなら長めのポーズでもバイトは来ますが「完全な放置」はこのゲームではダメだと思います)
「Rを押しながらマウスホイール上下」でリールの巻くスピードを調整してください。
巻くスピードを変えることで、ルアーを底の方で引いたり、水面近くへ浮かせて引いたりすることができます。これはspoonを使っているときは特に重要です。
ジグヘッドを使っているときにリトリーブスピード(巻く速度)を変えて、ジグヘッドのリトリーブに最適なスピードを見つけることもできます。(←これよくわからない)

スムーズなリトリーブ(ただ巻き)と他の様々なリトリーブ方法を組み合わせることは、捕食魚のバイトを増やす可能性があります。
ポーズを挟んだり(アクション名jig step、stop&go)、「Shift」を押しながら巻くことによってスピードを上げてみてください(アクション名speed up)。
wobbler、topwater lure、jerkbaitを使用している場合は「RMB」(右マウスボタン)で竿をチョンと動かす特別な動きが利用可能になります(アクション名twitching、walk the dog)。

捕食魚がルアーを食ってくるとき激しくアタックしてきます。原則として、このアタックはロッドへの強いヒットと曲がりっぷりで認識することができます。
このとき、魚は勢いで針に掛かってしまう(向こう合わせになる)のでプレイヤーはフッキング(合わせ)をする必要はありません
魚とのファイトと取り込み方については、別の項目で説明します。

前へ移動 上へ移動 次へ移動