公式ユーザーガイドの解説

ここでは公式ユーザーガイド[外部リンク]を解説を交えて日本語訳します
かなり長いのでページを分割しています

公式ユーザーガイドの解説/キャスティングの飛距離と精度

キャスティングの飛距離と精度

リグ(仕掛け)を投げるときの飛距離や精度は様々な要素によって決まります。

キャスティングの精度

キャスティングの精度は以下の要素によって決まります。

まず投げようとしている仕掛けに対応するfishingスキルとロッド及びリールのスキルポイントに焦点を当てます。
これらを成長させると(目に見えて)キャスティングの精度が向上します。
風向きや投げるときの力にも注意してください。遠距離に投げようとするほど精度は低下します。

(このゲームは着水後すぐにバイトがある「落ちパク」状態が結構あるのと、根がかりを外すのが面倒なため精度は重要です)
(もしスキルポイントを振る場合は、手軽に振り直しができないことを十分に理解してから振ってください)

キャスティングの飛距離

キャスティングの飛距離は以下の要素によって決まります。

まず始めに、キャスティング距離はプレイヤーのエナジー量が重要になります。疲れていると全力で仕掛けを投げられないため飛距離を出すことは不可能です。
キャスティング距離の理論値はロッドの特性によって決まります。これを最大にするには、長く弾力のあるslowアクションロッドを使用してください。
仕掛けの重量はロッドに記載されているtest(ロッドの背負える重さ)の範囲内である必要があります。
また、仕掛けの空気抵抗を考慮する必要があります。ほとんどのリグは空気抵抗が大きいため遠投しづらいです。
軽いwobblerやpopperのような複雑な空気力学を伴うものは、空気抵抗を大きく受けるため特に投げづらいです。

最初は、軽い仕掛けを投げるために小さなリールを使用します。
baitcasting reelを選ぶときは特に注意してください。これらのリールは非常に長距離のキャスティングを可能にしますが、ルアーの重量が重要になります。
軽いルアーで釣りをするには、軽量スプールと高品質なボールベアリングを備えたlow-profile baitcasting reelを選択します。
クラシックなround baitcasting reel(丸型)は重いルアーやジグヘッドのキャスティングに適しています。

キャストに関連するスキルにポイントを振っていると大幅に飛距離を増加させるので、ゲームの早い段階でポイントを振っておくべきです。
あなたの好きなタイプのロッドやリールにスキルポイントを振ってください。
(もしスキルポイントを振る場合は、手軽に振り直しができないことを十分に理解してから振ってください)

様々なタイプのラインが存在し飛距離に影響を与えるためラインのタイプも重要です。

ロッドによっては飛距離にボーナスがあるものもあります。ロッドの説明ウインドウで詳細を見ることができます。
(ボーナスが存在するロッドは名前や詳細アイコンが水色になっています)

前へ移動 上へ移動 次へ移動